ニキビ クリーム

洗顔料の使い分けでニキビを克服!

ニキビ クリーム

前からとても気になっていたニキビが、大人になるにつれ特に酷くなってきました。
中学に入って間もない頃から顔を中心にニキビができ始めたんです。
最初は思春期に入るとこれぐらいのニキビは誰にでもできるものと思い込んでいました。
でもだんだん酷くなってきて、他の友達もニキビに悩んでいる人はいましたが、自分のように酷い人は少なかったです。

 

クラブは運動部だったからよく汗をかくし、それも関係してるのかなと思い、部活が終わると運動場の水道で顔を洗ってから帰宅する様にしました。
中学・高校の間は洗顔をするくらいで、特にニキビ対策は何もしていませんでした。
でも大学に通うようになった今、だんだん酷くなるニキビに不安を感じるようになったんです。
今のうちに何かニキビ対策をしないと、このままだと就職活動にも影響したりしないだろうかと心配になるほど、顔中に大きなニキビがたくさん出てきました。

 

それからというもの、洗顔の際にはたくさんの泡を使ってゆっくり隅々まで丁寧に洗顔を心がけるようになりました。
洗顔料などは女性用の化粧品コーナーに行けば、色々な種類のものがたくさんありますので、オイリー肌専用のものや角質を取り除く吸着力に優れたものを好んで使うようになりました。
色々な洗顔料にチャレンジして、今では自分に合うものがいくつか見つかって肌の調子はかなり改善されました。

 

あと夜寝る前の洗顔は、男性用のニキビケア専用のものを使っています。
こちらはかなりサッパリした洗い上がりなので汚れがすっかりとれた感じがします。
そのかわり少し肌が乾燥しやすいので、化粧水を多めに重ねづけしています。

 

自分の場合は洗顔料を朝と夜で使い分けることによって、かなりの効果を実感しています。
自分の肌にあったニキビケアを、色々と試しながら見つけることが大切だと感じました。

 

化粧水を変えたらニキビ跡も少しはマシに!

 

中学生の頃から酷いニキビに悩まされてきた私。
ニキビにも程度があって、周りの友人は出来ていてもポツポツといった感じ。
でも私は本当に一つ一つが大きくて、もの凄く存在感があるニキビでした。
それがオデコや頬、顎や首に沢山できていて、膿んでいるものもあったので、いつも顔全体が腫れぼったい印象でした。

 

潰すと絶対に跡になるからね!と親からも言われていたので、自分では絶対に潰したりしませんでした。
でもいくら注意していても、洗顔中にちょっと強くこすってしまって潰れてしまうこともあったし、やはり無意識の内に手で触ってしまい、それで潰れてしまうことも。。
いつしか気がつけば、顔にはたくさんのニキビ跡が出来ていたんです。

 

特に酷かったのは顎と頬にできたニキビ跡。
ポコッと穴があいたようになっている跡が沢山あるので、離れて見ても顔全体がくすんで見えます。
友人と話をしていても、自分の肌を見られてるような気がして、だんだんと内向的になっていきました。

 

当時使っていた洗顔料は、普通に市販されているニキビ専用のものでした。
強くこすらないように丁寧な洗顔を心がけていましたが、大した変化はなく、ただ普通の洗顔料よりはマシだと信じてニキビ専用のものを使っていたというだけです。

 

社会人になってから知り合った化粧品会社の営業の人に「基礎化粧品を変えてみたらどう?」とアドバイスされたんです。
天然由来成分が主成分の化粧水で、値段は少し高めでしたが、本当にニキビ跡で悩んでいたので試しに一本購入して使い始めました。
使い心地が気に入って一年程継続して使っていましたが、気がつけば少しニキビ跡が薄くなったかな?と感じるくらいになりました。
今は違う化粧水を使っていますが、それでも同じように天然成分のものを使っています。

 


コスモウォーター